発見!ウェディングドレスレンタルサイト6選

top > ウェディングドレスのレンタルについて > ウェディングドレスをレンタルして結婚式を挙げよう!

ウェディングドレスをレンタルして結婚式を挙げよう!

 結婚式というと、女性では真っ先にウェディングドレスが頭に浮かぶという人も少なくないと思います。
では、そのウェディングドレスはどのようにして用意するでしょうか?ほとんどの人がレンタルするでしょう。
購入しても、その後、着る機会がありませんし、保管場所にも困ります。
値段だって安くありません。
だから、レンタルで自分が好きなデザインを選ぶのです。
では、ウェディングドレスのレンタルで知っておきたいことを説明していきます。
知っておかないと費用がかさんでしまってこちらが損をすることがあります。
一生に1度の式で知らなかったために、損をするということがないようにしましょう。
無理をして豪華な式にする必要はありません。
自分達がだせる費用の中で、心のこもった式を挙げればいいのです。
大切なのは自分達だけにしかできない式をすることです。

 やはり、一番気になるのはウェディングドレスのレンタルにかかる費用だと思います。
一生の思い出になる式だからケチりたくないと思うでしょうが、予算に限度はないからいくらかかってもいいという人は少ないでしょう。
では、ウェディングドレスのレンタルにかかる費用はどれくらいなのでしょうか?ウェディングドレスのレンタルの平均額は24.5万円です。
お色直しのカラードレスや和装の料金と合わせた額だと平均で47.4万円になります。
女性の衣装代はかなりかかります。
これはあくまで平均なので、もっと高い人もいれば、安い人もいます。
しかし、ドレス代は式前の根回しで費用を安く抑えることができます。
まずは、プランナーさんに予算を伝えておきましょう。
そうすることで予算に合ったドレスを試着することができます。
次に、有名ブランドのドレスにこだわらないようにします。
ウェディングドレスのデザインで有名なデザイナーは日本に存在します。
有名なデザイナーがデザインしたブランドのドレスは高額です。
有名なデザイナーがデザインしたものではなくても、素敵なドレスはたくさんあります。
予算をオーバーしないドレス選びを心がけましょう。
最後に、契約を交わす前にしっかり値引き交渉をすることが大事です。
契約を交わしてしまった後では値引き交渉できないので、ここはすごく重要です。
契約書に判を押す前にというのがポイントです。
結婚式での値引き交渉のコツがあるようなので、式の打ち合わせをする前に調べておきましょう。

 では、ドレスはどのようなところからレンタルするのがいいのでしょうか?レンタル方法はいくつかありますが、一番楽なのは式場が提携しているショップからレンタルする方法です。
実際、この方法でレンタルしているカップルが一番多いようです。
何かドレスでトラブルがあった時に対応してもらえるのがメリットです。
手配も楽です。
式場と提携していないところから借りると、ドレスが破損したなどのトラブルがあった時に、すぐ対応できないことがあります。
式場と提携しているところなら、トラブルがあった時にそのような事態に陥る可能性が低くて安心です。
結婚式は一生に1度の大切なイベントです。
しかし、そのために貯金を使い果たしたり、最悪の場合、借金をしてまで豪華な式を挙げるのは間違っています。
大事なのは、心のこもった式にすることです。

次の記事へ

カテゴリー